ここは押さえとけ!アニメ視聴サイトのおすすめ!無料で楽しむなら?

アニメ作品別

氷菓:アニメのあらすじは?血腥くないミステリーでも評価は高い!

アニメ氷菓のあらすじとみどころを紹介していきます。

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

アニどう評価:

「私、気になります!」

廃部寸前の神山高校『古典部』を舞台に繰り広げられる【学園青春もの×ミステリー】の名作と言えば間違いなく『氷菓』です。

2017年9月時点でシリーズ累計220万部を突破した『米澤穂信』原作小説『古典部シリーズ』をアニメ化した作品なんです。

  1. 氷菓
  2. 愚者のエンドロール
  3. クドリャフカの順番
  4. 遠まわりする雛
小説の上記タイトルあたりをアニメ化しているようだな。
田口くん
岡崎(僕)
知ってる人も知らない人も絶対に見て欲しい作品。
青春時代を思い返しながら、考えて楽しい奥深いミステリーが楽しめるよ。

アニメ『氷菓』ってどんな作品?あらすじを紹介!

話の舞台はミステリーとは無縁そうにも感じられる、神山高校の古典部。

主人公『折木 奉太郎(ほうたろう)』は同校の卒業生である姉からのすすめで部員ゼロ、配分寸前の古典部に入部するところから始まります。

折木奉太郎と千反田える

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

奉太郎のモットーはめんどくさいことには関わらず、エネルギーは極力消費しない。つまり『省エネ主義』。

一人で静かに過ごせるならと、部室に入りますがそこには「私、気になります!」が口癖の好奇心旺盛の『千反田える(ちたんだ)』の姿が。

福部里志と伊原摩耶花

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

さらには奉太郎の腐れ縁である『福部里志(さとし)』。福部に想いを寄せる『伊原 摩耶花(まやか)』をも巻き込んで古典部は復活を遂げます。

古典部の活動内容は『不明』。

千反田が日々学園内で【気になってしかたがない】ことに対して、奉太郎が巻き込まれる形で真相解明に挑むミステリーものとして話が展開していきます。

氷菓の舞台で巻き起こるミステリー

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

ミステリーと言っても人が死ぬような大事件は起きません。

  • 図書室の本の貸し出し履歴がおかしい。
  • 古典部が作成した文集につけられたタイトルの意味は?
  • 今かかっている職員室からの校内放送にはどのような意味が隠されているのか?
  • 神社の倉庫に閉じ込められた。仲間だけに危機を伝えるには?

など。

ふつうに生活している分には絶対気になるようなことがない。

新生古典部の4名

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

知るのもめんどくさい内容を本気でロジカルに解明していきます。

ささいなことでも、気になることは解明しないと気が済まない千反田と、知るのもめんどくさいけど真相を解明できてしまう奉太郎の掛け合いは非常に面白く、見ていて飽きません。

回を進めるごとに省エネ主義であった奉太郎にも心の変化が起き始め、『千反田える』の存在がかけがえのないものに変わっていきます。

岡崎(僕)
あらすじらしいあらすじが無いところもまた『氷菓』の面白いところなんだよね。
うむ。最終目標というものはこれと言ってないんだよな。
田口くん
岡崎(僕)
日々の会話と謎解き。4人の群像劇。彼らの関係が少しづつ変化していく。
ミステリーだけど、日常系ジャンルとも言える不思議な作品だよね。
ミステリーは血腥くないと面白くない!なんて毛嫌いしないで是非見て欲しい作品だな。
田口くん

アニメ無料視聴サイトおすすめ

アニメを見るなら?
5分以内に視聴開始できるサイトを紹介しています。

アニメ『氷菓』のみどころ。どんなところが面白い??

氷菓がおもしろい!注目ポイントを解説

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

田口くん
氷菓は一つの謎を一本のストーリーで表現していく内容ではないんだ。
全22話を短編小説のようにあらすじを区切りながら展開していく。
ま、もとが古典部シリーズと呼ばれる推理小説が原作だからね~。
山田
岡崎(僕)
それじゃ、どんなところが”みどころ”で面白いのか。そこんところを紹介していこうか。

アニメ『氷菓』を見てもつまらないかもと思う人は?

長過ぎる放映のせいでダラけるアニメ作品

岡崎(僕)
そうだね・・・ゴールのない作品が苦手な人には氷菓はおすすめできないかな?
日常系だけど学生生活としての時間がただ淡々と進んでいる。
当たり前だって思ったか?
田口くん
岡崎(僕)
これって今はあまり当たり前じゃないよね?
大人の事情で本来あった大筋のストーリーを完全に無視して、何度も春夏秋冬、同じ年齢を繰り返している。
もしくは進んでも進んでもゴールにはたどり着かず10年以上放送を続けるアニメ・・。
あるね〜・・・あるある。何とは言わないけどさ。
子どもたちが見るアニメはそれでいいんだろうけどね〜・・・。
山田
岡崎(僕)
僕はあのやり方が正直好きではないよ。
往生際の悪いというか、面白かったストーリーだって全然おもしろくなくなる。
目的があるのにいつまでも達成できずに永遠と繰り返すアニメ。もしくは、話の大筋に解決すべき課題がそもそもないアニメ。こういうのが苦手な人は氷菓はおすすめできないかもね〜。
山田
でも、氷菓のストーリーは目的こそないものの、有限である。
奉太郎たちの学園生活は一話、一話確実に時を進めていってるんだよ。
田口くん
岡崎(僕)
ここに面白さを見出だせるかどうか・・・だね。
でも、逆にリアルじゃね?高校生活なんて目的なんかなかったっしょ?
山田
岡崎(僕)
たしかにね。毎日ただなんとなく過ぎていったし、卒業式の日もクラスメートに「またな〜」っていつものノリで別れを告げたもんな。実感がなかったんだろうね。
うむ。それで、結局二度と会うことはなくなった友人達も思い起こせば多いな。
田口くん
岡崎(僕)
氷菓のストーリーはこういった流れの中にあるよね。
古典部のメンバー4名も強い志があって集まったわけじゃない『ただなんとなく』の集まりだし。
アニメ氷菓の評価とは?

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

えるたそには目的があったけど、序盤で早々に解決してるからね。
山田
岡崎(僕)
大きな難事件が軸にあるわけでも、大魔王を倒さなければならないわけでもない。
かと言って甲子園を目指すわけでもない。
僕は原作小説をすべて読んだけど、そこは全く変わらないよ。
でも、そこには間違いなく青春があって、少しづつ変化していく人間関係があるんだよな。
田口くん
岡崎(僕)
原作者の『米澤穂信』はあえてそこを狙ったんじゃないかな?
こんなことを見どころって言うのはあれだと思ったんだけどさ。見てみればわかるよ。この意味がね。
味わい深いんだよね、氷菓は。

登場人物と人間関係に青春あり!

氷菓のストーリーを彩るのは個性豊かな登場人物。

折木 奉太郎(おれき ほうたろう)

氷菓の登場人物:折木奉太郎

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

「うかつだった・・・これ以上の拒絶や言い逃れはエネルギー効率が悪い・・・」

勉強にもスポーツにも後ろ向き。

やらなくてもいいことはやらない。やらないといけないことは手短に。

そんな灰色の高校生活を望む少年。

古典部に入った同期は姉のすすめ『部員がいなく廃部寸前だから入れ』というメッセージ。

天才的な推理力、洞察力、観察力を持っている少年。

結局、えるたそに一目惚れしたんだよね。
山田
岡崎(僕)
第一話で千反田えると初めて出会った時に千反田さんの髪の毛に全身を絡み取られるような演出があるんだけどね。
あれの意味が分からないって人が多かったんじゃないかな。
奉太郎が千反田に一目惚れするシーン

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

ラストまであのシーンの意味が語られることはないんだけが。
【奉太郎の心が完全に支配された=一目惚れ】を意味してる描写なんだよな。
田口くん
岡崎(僕)
まぁ・・・奉太郎本人は気づいてんだか、気づいてないんだか。
他人に対する洞察力は凄まじいくせに、自分の気持ちになると『保留』しちゃうんだよね。
こういったところも、大人じゃないと気づけないかもね。やっぱ子供向けじゃないよね〜。
山田

千反田える(ちたんだ える)

アニメ氷菓の登場人物:千反田える

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

「私、気になります!」

神山高校一年A組の女子生徒。

古典部に入った理由は「一身上の都合により」

神山市内で大きな力を持つ四名家のひとつ『千反田家』の令嬢。

神山市の名家一覧

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

柔らかな物言いで誰にでも敬語を使うやまとなでしこ・・・なのですが、自身の興味があること、納得のいかないことがあるとブレーキが全く効かなくなるのが本性。

奉太郎の推理力を見込んである頼み事をします。

とにかくパーソナルスペースが狭く、目と鼻の先といった位置まで容赦なく顔を近づけてきます。

これでは奉太郎も気が気ではない・・・?

奉太郎のパーソナルスペースに気にせず侵入する千反田。

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

えるたそかわいいよね〜えるたそ〜・・。
山田
岡崎(僕)
実はこの子、二面性があるんだよね。
そう。お家柄から自宅では”特別な大人”の中で生きている。
笑顔をつくり社交辞令を言い、政治的な駆け引きをともなう日常を過ごしている。
それは想像もできないくらいストレスなんだろう。
田口くん
えるたそ自身も自分の将来は決まっていると、これに関しては諦めてるんだよね。私は千反田の娘だって。
山田
岡崎(僕)
でも、本当は何でも知りたい、聞きたい、触れたい。好奇心の塊のような娘。
学校でしかその一面をさらけ出すことはできない。ちょっと寂しい背景を持ったヒロインなんだよ。
奉太郎には未来永劫がんばって欲しいもんだw
田口くん

福部里志(ふくべ さとし)

アニメ氷菓の登場人物:福部里志

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

「奉太郎の興味深い一面についての話さ。」

奉太郎をホームズと見るなら、里志はワトソン君。

自称データーベースと言うだけあり非常に多くの雑学を持っていて、学園内の事情通。

奉太郎とは真逆の性格でコミュニケーション能力が長けています。

千反田との出会いでずば抜けた推理力を見せる奉太郎の新しい一面が面白くてしょうがない。

はじめは、次々と謎を解決し、株を上げはじめた奉太郎を称賛するのだが・・・。

岡崎(僕)
いつも笑顔でひょうひょうとしている里志。回りの目も”そういうキャラ”と思われているのだけど、実は内面は負けず嫌いで複雑なんだ。
「奉太郎!実に君は素晴らしい!」という感じで奉太郎を焚き付けてるよね。
もちろん素直にそう思ってる感じなんだけどさ。
山田
田口くん
反面、奉太郎のことが羨ましく思ってしまう。妬みの気持ちも彼の中に同時に存在してる。
岡崎(僕)
自分というものに強いこだわりを持っているんだ。だから他人とのコミュニケーションは上辺だけだったり。
奉太郎は何考えてるか分からないから複雑だと思われがちだけど、実は里志のほうがめんどくさくて複雑なんだよねw
山田

伊原 摩耶花(いばら まやか)

アニメ氷菓の登場人物:伊原摩耶花

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

「福ちゃん・・・?折木って頭良かったっけ・・・?」

漫画研究会と図書委員会を兼務しています。

里志のことが好きで彼の後を追って古典部にも入部することになります。

性格がきつく、奉太郎のことは良く思っていない部分があり彼に対してはきつい態度であたる。

話が進むにつれ、奉太郎への理解も深まり和解していきます。

簡単に言えば『ツンデレ』。

古典部の活動で言えば一歩引いた立ち位置になります。

彼女視点で独自のストーリー展開をすることが多く、里志に対する想いをどうぶつけていくかみどころになります。

この作品の中で一人恋愛要素を持つキャラ。まやかたん。
山田
田口くん
ただ・・・里志は掴みどころのない厄介なキャラだからな~・・彼女の恋も一筋縄ではいかない。
けっこう可哀想なシーンも多いよね、人間関係でなにかと。
山田
岡崎(僕)
感情の起伏が多く描かれるキャラなので、氷菓の全体のあらすじに良いスパイスを与えてくれる。そんな登場人物なんじゃないかな。

ミステリーとしてのみどころは?

氷菓はミステリーものとして非常によく出来ています。

でも、僕たちが良く知るサスペンスものとは違うんですよね。

謎そのものは日常に転がっているありきたりなもの。

でも、深く考えてみるとちょっと気になってしまう?

ヒロイン『千反田える』はささいなことでも見逃さず首を突っ込んでいきます。

どのようなミステリーがあるのか、その一部を紹介します。

その1:千反田はなぜ部室に閉じ込められていたの?

氷菓のミステリー:部室の鍵の謎

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

「私が来た時この部室の鍵は開いていました、でも折木さんが来た時は鍵はしまっていたと言います。不思議です!!」

奉太郎と千反田の出会いの日。初めての小さなミステリーがこれです。

奉太郎は職員室で部室の鍵を受け取り、鍵を開場して部屋へ入りました。

すると、そこにはすでに『千反田える』の姿が。

神山高校の扉は中からも外からも”鍵でしかロックできない”。

「気になります!私、なぜ閉じ込められたのでしょう?折木さんも一緒に考えてください!私、気になります・・・!」

千反田が部室に入ったのは折木がくる約3分前。

部室の鍵持っていたのは折木。

ということは・・・?

岡崎(僕)
答えはとても単純だよ。(笑)

その2:ある本の貸出履歴

氷菓のミステリー:毎週貸出される本の謎

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

「私が登板で金曜放課後図書室にくると毎回同じ本が返却されているの。」

伊原 摩耶花(まやか)初登場の回。彼女を驚かせたミステリーがこれです。

図書室で貸出されている面白みのない普通の学校誌。

普通であれば誰も見向きもしないような本の貸出履歴がおかしいというお話。

毎週金曜日に貸し出され、その日のうちに返却されている。

時間も曜日も一緒なのに、借りる人はいつも違う人。

5人とも昼休みに借りて放課後に返す。5週連続。

「ちょっと考えてみましょうよ!折木さん!」

これを偶然だと言い張るのは簡単だけど、それでは千反田は納得しない。

岡崎(僕)
学校生活をまだ覚えている人なら・・・奉太郎より前にこの謎が解けるかも知れないね。

死んだ叔父が千反田に伝えた言葉とは?

氷菓のミステリー:千反田の叔父が残した氷菓に込められたメッセージとは。

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

「私がセキタニジュンという叔父から何を聞いたのか思い出させて欲しいんです。」

ある日曜日の朝。千反田に電話で呼び出された奉太郎は意味が分からないお願いをされます。

千反田の叔父は7年前にインドへ行ったきり行方不明。

彼女の叔父は奉太郎達のOBにあたります。45年前、神山高校の古典部だったのです。

千反田が幼稚園の頃、自宅で見つけた古典部の文集『氷菓』を手に”何か”を叔父に訪ねました。

普段はどんな質問にもにこやかに答えてくれる叔父でしたが、その時だけ妙に返事を嫌がったとのこと。

ダダをこねてようやく聞き出した答えを聞いた千反田は大泣してしまいました。

答えが恐ろしかった?悲しかったのか?まったく内容を覚えていません。

そしてなぜ叔父は答えをしぶったのか?なぜ泣いた千反田をあやしてくれなかったのか?

その答えは高校生になった今も千反田の心残りとなり「気になって仕方がありません。」

千反田が古典部に入った一身上の都合とはこの謎を知るのが理由。

氷菓のみどころ:千反田からのお願いとは・・・。

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

「折木さんなら私を答えまで導けるはずです!」

「気が進まん!!」

7年間生死が不明な人物は法律上死亡したものと扱えます。

近々葬儀も行われるらしく、千反田は叔父の伝えてくれたことを胸に秘めて葬儀に望みたいという。

この謎解きは作中の中でも長編のミステリーです。

古典部の文集のタイトルは『氷菓』。

タイトルの意味と、疾走した叔父の謎。

奉太郎の解き明かした真実は彼らの想像をはるかに超えるものでした。

岡崎(僕)
このあらすじは実写版『氷菓』でもメインのストーリーになってるよ。

アニメ氷菓と原作小説『古典部シリーズ』の関係と違いについて

 

氷菓の原作小説『古典部シリーズ』を買いました。

岡崎(僕)
実は僕はずっぽりハマってしまってね。原作小説を読み漁っているよ。
そうだな。氷菓を語る上で原作小説について解説しておいたほうがいいな。
田口くん

古典部シリーズ

冒頭に少し触れましたが、アニメ『氷菓』は古典部シリーズ(著:米沢穂信)と呼ばれる小説が原作になっています。

2018年8月現在では全6巻。角川文庫より販売されています。

アニメと原作の違いってよく話題にあがるよね。
山田
大抵その差分に文句が出たりってところか?
田口くん
岡崎(僕)
僕はね、アニメ氷菓があまりに面白くて原作小説を全て読んでみたんだ。
して、その評価は?
田口くん
岡崎(僕)
素晴らしいの一言。何がってアニメがね。原作にとても忠実だよ。
世界観やキャラクター像、ストーリーの細かなところまでね。
良くあるのが、尺の関係なのか、だいぶ話が縮小されたり、深く語られなかったりして駆け足で作られるアニメが多いよな。
田口くん
岡崎(僕)
それが全くと言って良いほどないんだ。
むしろ原作は日本語表現が難しかったりするから、アニメを見ると「そういうことか!」って発見があったりするくらいさ。
ならばぜひ古典部シリーズも読むべきと・・・?
田口くん
岡崎(僕)
いや、ここまで忠実に再現すると、アニメになっている部分は読む必要がないかもって感じ・・・w
差分があまりないならそうなるかw
田口くん
岡崎(僕)
でもね、アニメの最終話以降のストーリーがあるから、氷菓が楽しかったって人は絶対読むべきだね。まだまだ奉太郎たちの活躍を楽しめるんだからね。

アニメ版氷菓は小説のどの部分になるの?

アニメ版と小説の位置関係を解説しておきます。

もっと氷菓の世界に浸かりたい!という人はとことん奉太郎、千反田、里志、摩耶花の4人に付き合ってやりましょう!

氷菓

小説版氷菓:第一巻

アニメ1話Aパート:伝統ある古典部の再生
アニメ2話:名誉ある古典部の活動
アニメ3話:事情ある古典部の末裔
アニメ4話:栄光ある古典部の昔日
アニメ5話:歴史ある古典部の真実

岡崎(僕)
実写版映画のストーリーにもなっているのがここだね。
作品のタイトルとなった小説だよ。
古典部の文集に隠された千反田の叔父の過去を解明していくストーリーだな。
田口くん

愚者のエンドロール

小説版氷菓:第二巻

アニメ8話:試写会に行こう
アニメ9話:古丘廃村殺人事件
アニメ10話:万人の死角
アニメ11話:愚者のエンドロール

氷菓のお話は必ず奉太郎が謎を突き止める前に、答えがわかるようになってるんだ。
むしろそれがミステリー小説の大原則なんだと。
田口くん

氷菓『愚者のエンドロール』の舞台となる廃屋の見取り図

岡崎(僕)
この話はある建物の見取り図を見ながら推理しないといけないから、小説だとかなり想像力が必要なんだよね。
真面目に奉太郎より先に謎を解きたいと思うなら、1ページ目についてる見取り図をコピーして片手に持ちながら読み進むことをおすすめするよ。
ストーリーは文化祭の出し物として2年生が作成し、未完になった自主制作映画の結末を推理するという内容だね。
山田

グドリャフカの順番

小説版氷菓:第三巻

アニメ12話:限り無く積まれた例のあれ
アニメ13話:夕べには骸に
アニメ14話:ワイルド・ファイア
アニメ15話:十文字事件
アニメ16話:最後の標的
アニメ17話:グドリャフカの順番

アニメ氷菓の中でももっとも人気が高い文化祭編のストーリーだね。
山田
岡崎(僕)
他の作品と違って、4人の視点が切り替わりながら話が進む、まさに群像劇という形になるんだよ。
文化祭のさなか、突如現れた謎の物取りを追い詰めるストーリーだったな。
田口くん

遠まわりする雛

小説版氷菓:第四巻

アニメ1話Bパート:伝統ある古典部の再生(音楽室の怪談・秘密倶楽部の勧誘メモ)
アニメ6話:大罪を犯す
アニメ7話:正体見たり
アニメ19話:心当たりのある者は
アニメ20話:あきましておめでとう
アニメ21話:手作りチョコレート事件
アニメ22話:遠まわりする雛

岡崎(僕)
これは短編集だね。各大きなストーリーの間にあるショートストーリーたちだよ。
アニメ版は時系列に語られるけど、小説だとこの第4巻に集約されるから、一瞬「あれ!?」ってなるよw
アニメの最終話になる22話もこれに収録されているね。
山田
岡崎(僕)
彼らの高校1年生の生活がここで終わるのさ。きれいにまとまるので気持ちいいよ。
でも、もっと氷菓を見たい。神山高校の青春にどっぷり浸かりたいなら・・・ここから先の小説を買えばいいのさ。

ふたりの距離の概算

小説版氷菓:第五巻

ここからの話は奉太郎たちが高校2年生に進級します。

古典部にも新入生を迎えようと奮闘する4人の前に新入生『大日向友子(おおひなたともこ)』が入部希望を出してきます。

明るく元気でとても印象の良い子なのですが、仮入部期間の最後、突如「入部しない」と告げて古典部を去ってしまうのです。

どうもその原因は『千反田』にあるようなのですが・・・。

納得できない奉太郎はその真相を突き止めるべく動き出します。

いまさら翼と言われても

小説版氷菓:第六巻

アニメ18話:連峰は晴れているか

こちらも短編集です。

アニメ版『氷菓』から後日談としてつながる話が多いので絶対に読むことをお勧めします。

『愚者のエンドロール』から続く後日談。

『遠まわりする雛』から続く後日談。

この2つだけでも見ものです。

さらに奉太郎と里志の人格を形成しているコアな部分に触れる話や、摩耶花がふだんから奉太郎に冷たく当たる理由など、アニメ氷菓を見て気になっている部分が全て解決します。

アノ頃を思い出しながらゆったりと楽しめるミステリー『氷菓』

アニメ氷菓:最終話のワンシーン

©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

アニメ『氷菓』。

人が死ぬだけの話がミステリーではないことを突きつけてくれる名作です。

あらすじに派手さはなくてもここまでどっぷりハマらせてくれたことに僕は感謝の言葉を送りたいと思いました。

岡崎(僕)
どうだったかな?日常にあふれるどうでもいい謎を超本格ミステリーとして楽しめるのは『氷菓』の魅力だよね。
彼らのように何事にも興味を持って、考えて、討論して過ごしていれば僕の青春時代も違ったものになってたのかな〜w
山田
田口くん
青春ものとしても非常に評価が高いアニメ作品だ。
氷菓だけにな。
・・・・。
山田
岡崎(僕)
血みどろのサスペンスに疲れた人にはぜひ見て欲しいアニメ作品だね!

-アニメ作品別
-, ,

Copyright© アニメどうでしょう , 2021 All Rights Reserved.